高校野球の厳しさ知った 明聖・渡来

 圧倒的な志学館打線の前に、打たれても打たれても、明聖の2番手、渡来翔は孤軍奮闘投げ続けた。

 エース大野健介がつかまり、6失点6連続四死球を出した一回途中で遊撃手からマウンドに登った。だが、巧打の志学館に打ち込まれる。チームもけん制球を失策、平凡なフライを取り損ねるなど傷口が広がった。

 「体は悲鳴を上げていたけど、最後までやってやるぞと、気持ちで負けたくなかった」。内角に鋭く、強気で投げ込み続けた。


  • LINEで送る