松戸国際 板垣3安打完封 中央学院・初沢は逆転サヨナラ打 千葉大会第6日

 全国高校野球選手権千葉大会第6日は15日、県総合スポーツセンター野球場など7会場で2回戦の残り16試合を行った。1点差や九回の逆転劇が続出。中央学院は2死満塁から初沢が逆転サヨナラ二塁打を放ち、Cシード東総工を撃破。桜林は武信の適時打で東金商に逆転勝ちした。市柏も館花の決勝打で九回に決着をつけた。

 投手戦になった松戸国際-鎌ケ谷は松戸国際の板垣が3安打完封で勝利。流山南は中島が古豪千葉商打線を4安打1失点に抑えて競り勝った。西武台千葉、千葉商大付、稲毛、袖ケ浦、千葉経大付はシードを守った。

 この日ですべての参加校が登場。きょう16日は県総合スポーツセンター野球場など6会場で3回戦18試合が行われる。


  • LINEで送る