県船橋 奥田が12回完封 学館浦安1点差 東海浦安破る 千葉大会第7日

 全国高校野球選手権千葉大会第7日は16日、県総合スポーツセンター野球場など6会場で3回戦18試合を行った。延長の熱戦が3試合。県船橋は奥田が12回を無失点で投げ抜き、五味の適時打で木更津にサヨナラ勝ち。柏陵は12回に佐々木がサヨナラ打を放ち、八千代を破った。佐原白楊-東葛飾は11回に2点ずつ取り合うなどもつれ、15回で決着がつかず引き分け再試合になった。

 千葉学芸は九回表に逆転を許しながら、その裏に大久保の適時打で再逆転した。浦安市の強豪私学対決は東京学館浦安が1点差で東海大浦安に勝利。秀明八千代、千葉敬愛は2投手の継投で完封勝ちした。

 きょう18日は県総合スポーツセンター野球場など5会場で3回戦15試合。再試合となった佐原白楊-東葛飾は青葉の森野球場の第3試合で行われる。


  • LINEで送る