NIE研修会、活動報告や情報交換 記者の体験講話なども

  • LINEで送る

 新聞を使った学校授業の普及を進めている「千葉県NIE推進協議会」(会長・田村孝千葉大学教育学部教授)は4日、千葉市中央区の千葉日報社で、第3回研修会を開いた。実践校の教諭ら25人が参加、日ごろの活動報告や情報交換を行った。

 千葉県立千葉盲学校の石毛一郎教諭がワークショップで「人名探し」を紹介。新聞で実践し、効果を披露した。生徒が自分で紙面上の人名に印を付けていくことで、生徒がいろいろな記事を読むきっかけづくりになるという。

 次いで、同会幹事の梶田義弘共同通信社千葉支局長が「記者の目いろいろ体験報告」というタイトルで、現場の取材などを題材に講話を展開。参加者は熱心に耳を傾けた。