千葉高校野球ドキュメント100

  • LINEで送る

今夏、100回の記念大会を迎える高校野球選手権。 連載「千葉高校野球ドキュメント100」では、激戦区・千葉大会に出場、または見つめてきた人々を訪ね、重ねてきた歴史を振り返ります。

 

1)選手と監督で全国制覇 第49回(67年)優勝投手、57回(75年)優勝監督 習志野・石井好博

2)伝統の意志を継いで 第62回(80年)出場投手 習志野・小林徹(習志野高監督)

3)4人の投手で決勝へ 第74回(92年)準優勝監督 拓大紅陵・小枝守

4)県立4校を甲子園へ導く 千葉商、印旛、柏陵などで監督 蒲原弘幸

5)続く死闘、最後に悲願 第56回(74年)優勝投手 銚子商・土屋正勝

6)届かなかった夢の舞台 習志野から地元球団へ 福浦和也(千葉ロッテ内野手兼打撃コーチ)

7)夏出場ならずも“充実” 成田エースとして選抜2度出場 唐川侑己(千葉ロッテ投手)

8)痛みこらえマリンで熱投 市柏エースとして03年千葉県4強 清田育宏(千葉ロッテ外野手)

9)長嶋としのぎ削り頂点 第35回(53年)出場投手 千葉一・植草光長

10)「お山」躍進銚子決戦 第56回(74年)千葉県大会準優勝 市銚子・石毛宏典 

11)初の決勝つくった礎 第47回(1965年)準優勝投手 銚子商・木樽正明

12)逃した夢、培った打の神髄 第47回県大会(1965年)出場選手 習志野・谷沢健一

13)創部5年西の新風 第63回(81年)選手権出場 銚子西・越川恭伸(匝瑳高監督)

14)「18年」の運命に導かれて 第64回(82年)選手権出場 東海大浦安・森下倫明(東海大浦安高監督)

15)切り開いた名門の「一歩」 第66回(84年)選手権出場 拓大紅陵・古橋富洋(敬愛学園高監督)

16)東千葉制した絶対エース 第80回(98年)選手権出場 八千代松陰・多田野数人(日本ハムスカウト)

17)大雨の聖地“怪物”に雪辱 第55回(73年)選手権出場 銚子商・岩井美樹(国際武道大監督)

18)追い続けた父の野球 第86回(04年)選手権出場 千葉経大付・松本啓二朗(新日鐵住金かずさマジック)

19)吹き荒れた「沼南の風」 第90回(08年)西千葉大会準優勝 沼南

20)“普通”の県立執念実る 第91回(09年)選手権出場 八千代東・片岡祐司(印旛明誠高監督)

21)「二松」で燃やした青春 第74回(92年)選手権千葉大会準優勝 二松学舎沼南・飯塚智広(NTT東日本監督)

22)“悲運”の歴史にピリオド 第71回(89年)選手権出場 成東・行木泰弘

23)不屈エース気迫の連投 第92回(10年)選手権出場 成田・中川諒

24)「自然に」本盗無心で突入 習志野 第93回(11年)選手権出場 宮内和也 (NTT東日本)

25)志願の先発 悔いはなし 第94回(12年)、第95回(13年)選手権出場 木更津総合 千葉貴央 (桐蔭横浜大)

26)投打に柱決めた初V 専大松戸 第97回(15年)選手権出場 原嵩(千葉ロッテ投手)

27)打撃職人支えた原点 第56回(74年)選手権優勝 銚子商・篠塚和典

28)試練乗り越え心も成長 中央学院・大谷拓海 ~節目の夏最高の夏へ 主役狙うミレニアム球児~

29)受け継いだ背番号「2」 成田・田宮裕涼 ~節目の夏最高の夏へ 主役狙うミレニアム球児~

30)190センチ右腕、自負胸に 清宮虎多朗 八千代松陰3年 【節目の夏 最高の夏へ 主役狙うミレニアム球児】