2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

4人の投手で決勝へ 第74回(92年)準優勝監督 拓大紅陵・小枝守 【千葉高校野球ドキュメント100】(3)

 1992年。千葉県勢17年ぶりに夏の甲子園決勝へ進んだのは、小枝守率いる拓大紅陵だった。サイドスローの冨樫富夫、下手投げの紺野慶治、右腕の杉本忠、プロ野球広島へ進む左腕多田昌弘。多種多彩な投手陣を柱に勝ち上がり、甲子園では4人が勝利投手になる史上初の快挙となった。エース完投が主流だった高校野球界に、新風を吹き込んだ。(敬称略)

 70回大会(88年)の方が高橋(憲幸・現日本ハムコーチ)、和田(孝志・元千葉ロッテ)の二本柱で安定し、チームに柔軟性もあった ・・・

【残り 2046文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る