不屈エース気迫の連投 第92回(10年)選手権出場 成田・中川諒 【千葉高校野球ドキュメント100】(23)

 寸分の狂いもない制球力で打者を追い込み、三振を奪うたびに気迫のこもった雄たけびが上がる。2010年、名門成田が20年ぶりの夏の甲子園を決めた。マウンドに立ち続けたのはエースの中川諒だ。千葉県大会は6試合で登板。準決勝で12奪三振完投、決勝は被安打1の無四球11奪三振で完封-。県大会ノーシードから甲子園4強まで進む右腕の原動力は、何度も味わった「悔しさ」だった。(敬称略)

 中学2年春に大阪で全国大会があって。甲子園にも寄ることができ、そこで見たのが成田の唐川(侑己・現千葉ロッテ)さん。夏の最後の試合も球場で見て、あの人みたいになりたいと思った。高校は勉強もやり ・・・

【残り 2543文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る