女性隊員の制服に体液、水着盗む「コレクションにしたかった」 館山基地海士長を免職 

海上自衛隊館山航空基地
海上自衛隊館山航空基地

 海上自衛隊第21航空群(館山市)は30日、複数の女性隊員に対しセクハラ行為を行ったなどとして、第21整備補給隊に所属する20代の男性海士長を懲戒免職処分にした。

 同航空群によると、男性海士長は県外の部隊に所属していた2017年8月~20年8月ごろ、複数回にわたり女子更衣室に侵入し、同僚の女性隊員の制服に体液を付着させたほか、水着やゴーグルなどを盗んだ。その後、同隊に異動後も別の女性隊員のポーチを盗んだほか、同隊が調達したマスク5箱(計約1900円相当)を盗んだ。

 ポーチを盗まれた隊員が上司に相談し、警務隊で捜査したところ、男性海士長が浮上。異動前の部隊でのセクハラ行為なども判明した。「ポーチの中身を確認したところ、女性隊員が使っていたものだったので、自分も使ってみたい欲求が湧いた。水着はコレクションにしたかった」などと話しているという。

 第21整備補給隊司令の佐々木昌貴1等海佐は「改めて物品管理等の強化や服務指導、教育をさらに徹底し、同種事案の再発防止を図るとともに、厳正な規律維持に努める」としている。


  • LINEで送る