房総通リズム春の観光特集2024

JR総武本線で倒竹 飯岡―松岸間、一時運転見合わせ

JR東日本(イメージ画像)
JR東日本(イメージ画像)

 24日午前7時35分ごろ、銚子市猿田町のJR総武本線猿田―倉橋間で、銚子発千葉行き上り電車(6両編成)の運転士が、線路内に竹が倒れかかっているのを見つけた。撤去作業のため、飯岡―松岸間の上下線で一時運転を見合わせ、午前8時半ごろ全線で運転を再開した。

 JR千葉支社によると、上下2本が運休し、特急1本を含む上下5本が最大49分遅れ、乗客約1300人に影響した。


  • LINEで送る