第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

安房拓心―館山総合 2失点で完投したが、敗戦投手となった館山総合・相川=袖ケ浦市営

安房─成田 試合に敗れスタンドにあいさつする安房ナイン=千葉県総合SC

東京学館浦安―市船橋 9回裏東京学館浦安2死満塁、増田龍が左中間にサヨナラ打を放つ=24日、ZOZOマリンスタジアム

銚子商-生浜 9回表生浜2死、松山優登が左越えソロ本塁打を放つ=袖ケ浦市営

最後の打者を打ち取り、マウンドで喜ぶ木更津総合の野尻(左)と山中のバッテリー

木更津―君津 3回裏木更津無死一塁、飯塚が二盗を決める。遊撃手江沢=ゼットエー

木更津―東京学館 4回裏木更津1死満塁、石津の犠飛で三走白井が滑り込み生還する=ゼットエー

打席に向かう羽根涼平選手(左)と羽根和宏監督=13日、市原市のゼットエーボールパーク



高校野球ドキュメント100

打球直撃から復帰した中央学院の大谷拓海。「ぶっつけ本番でも焦りはない」と自信を見せる=我孫子市

第65回全国高校野球選手権千葉大会で印旛が初優勝し、胴上げされる蒲原監督=1983年7月29日、千葉県野球場

千葉経大付の甲子園8強入りを報じる2004年8月18日の千葉日報

第81回選手権千葉大会で指揮を執る柏陵の蒲原監督=1999年7月、千葉マリン

高校野球3年間を振り返り、「成東野球に感謝している」と話す行木泰弘=東金市

現在は地元で保険代理業を営む土屋正勝。「仲間と飲むと当時の昔話もいっぱい出てくる。斉藤先生とそういう話ができなかったのが心残り」=旭市



第100回全国高校野球千葉大会

ページ