第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

打席に向かう羽根涼平選手(左)と羽根和宏監督=13日、市原市のゼットエーボールパーク

木更津総合―千葉商 先発して5回まで無安打無失点に抑えた木更津総合・白井=千葉県総合SC

最後となる鶴舞桜が丘ユニホームで初戦に挑むナイン=14日、市原市のゼットエーボールパーク

市松戸―東京学館浦安 9回裏東京学館浦安1死二、三塁、遠藤湧士のバントが守備の乱れを誘いサヨナラ勝ち=市川国府台

市原-市原八幡 5回裏、マウンドの市原・池田(右)に声を掛ける一塁手米本=ゼットエー

安房-成田 7回裏成田無死、右翼スタンドへ本塁打を放ち、喜ぶ稲垣=千葉県総合SC

姉崎-幕張総合 5回コールドで敗れ涙を拭う姉崎・沢田(右から2番目)=県総合SC

千葉商大付―専大松戸 7回表千葉商大付1死三塁、勝ち越しの適時三塁打を放った松戸=ZOZOマリン

中央学院―八千代 6回表中央学院1死、中越え三塁打を放った青木が、守備の乱れをついて一気にホームに走り込む=柏の葉



高校野球ドキュメント100

「地元の銚子商で甲子園に行きたかった」と振り返る篠塚和典=東京都内

第56回高校野球選手権千葉大会の決勝を報じる1974年7月28日の千葉日報

第95回選手権千葉大会の決勝で完投し2連覇を決め、喜ぶ木更津総合の千葉貴央=2013年7月27日、QVCマリン

現在は印旛明誠で監督の片岡祐司。「やるからには勝ちたいじゃないですか」と闘志を燃やし続けている=印西市

当時の思い出を笑顔で振り返る石井好博=14日、千葉県内

第56回全国高校野球選手権で銚子商の初優勝を報じる1974年8月20日の千葉日報



第100回全国高校野球千葉大会

ページ