第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

球場改修前最後の試合を終え、床掃除をする千葉商大付の選手ら=千葉県総合SC

若松-拓大紅陵 力投する若松の伊藤=ゼットエー

選手を迎える木更津総合の小早川記録員

8回表成田無死、秋葉が右中間を破る三塁打を放つ

最後となる鶴舞桜が丘ユニホームで初戦に挑むナイン=14日、市原市のゼットエーボールパーク

木更津―君津 3回裏木更津無死一塁、飯塚が二盗を決める。遊撃手江沢=ゼットエー

松戸国際-千葉商大付 6回途中から登板した松戸国際の長部那=柏の葉

2回表成田無死、山下が中越え二塁打を放つ

市川昴-八千代東 2回裏八千代東2死二、三塁、伊東雄琉の適時打で2点追加=国府台



高校野球ドキュメント100

当時を写真で振り返り「野球漬けの毎日だった」と話す植草光長=千葉県千葉市若葉区

木樽を超高校級と報じる1965年8月13日の千葉日報。「生まれ変わったら銚子商から早大に進学して野球をやりたい」

成東との決勝で周囲が喜ぶ中、「一切跳びはねず、マウンド上で安堵(あんど)のため息をついた」と振り返る小林徹=1月、習志野市

銚子商の初優勝を記念する特集記事が掲載された1974年8月20日の千葉日報

成田主将の田宮裕涼。「伯父さんたちの背番号2を受け継ぎ、最後の夏が100回大会。運命しか感じない」=成田市

銚子西の甲子園初出場を報じる1981年7月29日の千葉日報



第100回全国高校野球千葉大会

ページ