第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

選手を迎える木更津総合の小早川記録員

東海大市原望洋-暁星国際 1失点完投し笑顔でハイタッチする東海大市原望洋・須崎(中央)=袖ケ浦市営

2回表木更津総合2死満塁 マウンドに集まり、深呼吸する東海大市原望洋ナイン

柏中央-千葉商大付 8回表千葉商大付1死一、二塁、負傷した柏中央の武田を背負ってベンチへ運ぶ八巻=柏の葉

力投する東京学館浦安・常世田

木更津総合―成田 2回表木更津総合1死二塁、太田が左翼席に逆転2ランを放つ=ZOZOマリン

昭和学院秀英ー天羽=13日、ゼットエー

第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会の地区割り。丸数字は地区名

浦安-西武台千葉 延長11回表西武台千葉1死二塁、鈴木が右中間へ勝ち越し打を放つ=柏の葉



高校野球ドキュメント100

現在は印旛明誠で監督の片岡祐司。「やるからには勝ちたいじゃないですか」と闘志を燃やし続けている=印西市

当時を写真で振り返り「野球漬けの毎日だった」と話す植草光長=千葉県千葉市若葉区

沼南の西千葉大会準優勝を報じる2008年7月27日の千葉日報

第74回全国高校野球選手権千葉大会で優勝し、選手に胴上げされる拓大紅陵の小枝監督=1992年7月27日、千葉マリン

柏陵時代の写真を見る蒲原弘幸。各校の教え子から食事会の誘いなど連絡は今も絶えず、「指導者の冥利(みょうり)に尽きる」=2月、千葉県内

成東との決勝で周囲が喜ぶ中、「一切跳びはねず、マウンド上で安堵(あんど)のため息をついた」と振り返る小林徹=1月、習志野市



第100回全国高校野球千葉大会

ページ