第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

3回表東京学館船橋1死二塁、本間が左中間を破る2点ランニング本塁打を放つ

市松戸―東京学館浦安 9回裏東京学館浦安1死二、三塁、遠藤湧士のバントが守備の乱れを誘いサヨナラ勝ち=市川国府台

2回表成田無死、山下が中越え二塁打を放つ

習志野─西武台千葉 6回途中を1失点に抑えた習志野・佐藤=千葉県総合SC

第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会の開会式で整列する選手たち=11日午前、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム

銚子商-生浜 9回表生浜2死、松山優登が左越えソロ本塁打を放つ=袖ケ浦市営

西千葉大会組み合わせ

2回表木更津総合2死一、二塁、東が左中間を破る適時三塁打

市船橋-千葉商大付 5回裏市船橋1死三塁、岩崎が一塁強襲適時打を放つ=千葉県総合SC



高校野球ドキュメント100

現在は地元で保険代理業を営む土屋正勝。「仲間と飲むと当時の昔話もいっぱい出てくる。斉藤先生とそういう話ができなかったのが心残り」=旭市

第74回全国高校野球選手権千葉大会で優勝し、選手に胴上げされる拓大紅陵の小枝監督=1992年7月27日、千葉マリン

当時の思い出を笑顔で振り返る石井好博=14日、千葉県内

第56回全国高校野球選手権で銚子商の初優勝を報じる1974年8月20日の千葉日報

第65回全国高校野球選手権千葉大会で印旛が初優勝し、胴上げされる蒲原監督=1983年7月29日、千葉県野球場

拓大紅陵―東海大浦安 夏の甲子園初出場が決まり喜ぶ拓大紅陵の古橋(左)と鈴木=1984年7月29日、県野球場



第100回全国高校野球千葉大会

ページ