第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

木更津総合―検見川 2番手で登板して無失点に抑えた検見川・西=千葉県総合SC

一宮商―拓大紅陵 6回表一宮商2死一、二塁、水野が左越え適時二塁打を放ちガッツポーズ=ゼットエー

姉崎-幕張総合 5回コールドで敗れ涙を拭う姉崎・沢田(右から2番目)=県総合SC

習志野―佐倉 7回表佐倉2死一、二塁、古屋の適時打で2点差に迫るホームを踏む野間口=ZOZOマリン

千葉敬愛―市船橋 仲間に支えられ引き上げる千葉敬愛・新原=県総合SC

市船橋-千葉商大付 8回表千葉商大付無死一塁、宮川が左翼へ2ランを放つ。球場改修前最後の本塁打となった=千葉県総合SC

11日の開幕戦で激突する白井の村山裕太主将(左)と東京学館船橋の菅野春樹主将

5回の満塁のピンチを乗り切り、雄たけびを上げる志学館の大川

松戸馬橋―柏南 9回裏松戸馬橋1死三塁、サヨナラ適時打を放ち、ガッツポーズする金田=市川国府台



高校野球ドキュメント100

成東-習志野 3万5千人の観客が見つめる中、1失点で完投した習志野の小林=1980年7月27日、千葉県野球場

千葉大会決勝の東海大望洋戦で被安打1、無四球11奪三振で完封した成田の中川=2010年7月25日、千葉マリン

習志野・谷沢の活躍を報じる1965年7月28日の千葉日報

石井順一に教わった打撃が「原点」と話す谷沢健一=2日、東京都内

成田時代は絶対的エースとして2度の選抜出場を果たした唐川

銚子西の甲子園初出場を報じる1981年7月29日の千葉日報



第100回全国高校野球千葉大会

ページ