第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

2回表木更津総合無死、神山が中前打を放つ

中央学院-八千代 7回裏八千代2死二、三塁、西木が走者一掃の右越え適時打を放ち三塁へ滑り込む=柏の葉

木更津総合高校が勝利を決め、喜びを爆発させる一塁側スタンドの生徒たち=25日、千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアム

沼南―我孫子東 9回裏沼南1死一塁、菅井が左越え2点本塁打を放つ=13日、柏の葉

船橋啓明-八千代 8強入りを逃し、うつむく船橋啓明ナイン=第一カッター

若松-拓大紅陵 力投する若松の伊藤=ゼットエー

木更津総合ー成田 9回2死満塁で声を出す成田ベンチ=ZOZOマリン

各校の主将がくじを引き、第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会の組み合わせが決まった=20日、千葉市稲毛区のスポーツ科学センター

市松戸―東京学館浦安 9回裏東京学館浦安1死二、三塁、遠藤湧士のバントが守備の乱れを誘いサヨナラ勝ち=市川国府台



高校野球ドキュメント100

銚子西の甲子園初出場を報じる1981年7月29日の千葉日報

第55回選手権でプレーする銚子商の土屋正勝

体重70キロだった自身の高校時代の写真を見て「細いなあ」と笑う松本啓二朗。新日鐵住金かずさマジックで現役を続けている=君津市

打球直撃から復帰した中央学院の大谷拓海。「ぶっつけ本番でも焦りはない」と自信を見せる=我孫子市

銚子商を引っ張る宮内竜志。「東千葉は打てないと勝てない」と打力も磨いてきた=銚子市

成東との決勝で周囲が喜ぶ中、「一切跳びはねず、マウンド上で安堵(あんど)のため息をついた」と振り返る小林徹=1月、習志野市



第100回全国高校野球千葉大会

ページ