第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

木更津総合ー成田 9回2死満塁で声を出す成田ベンチ=ZOZOマリン

安房―翔凜 9回裏翔凜2死一塁、泉谷が右前打を放つ=袖ケ浦市営

習志野-中央学院 10回裏中央学院無死、サヨナラ本塁打の青木(中央)を迎える中央学院ナイン=ZOZOマリン

千葉工―長狭 5回裏長狭2死二塁、適時打を放つ渡辺=12日、千葉県総合SC

多古-成田 9回裏成田1死二、三塁、稲垣の犠飛で三走早川が生還しサヨナラ。捕手鏑木=県総合SC

木更津総合―検見川 2番手で登板して無失点に抑えた検見川・西=千葉県総合SC

6回途中から登板し4安打1失点に抑えた成田・仲沢

2回表木更津総合2死満塁 マウンドに集まり、深呼吸する東海大市原望洋ナイン

銚子商-生浜 9回表生浜2死、松山優登が左越えソロ本塁打を放つ=袖ケ浦市営



高校野球ドキュメント100

木樽を超高校級と報じる1965年8月13日の千葉日報。「生まれ変わったら銚子商から早大に進学して野球をやりたい」

現在は会社員の中川諒。「黎明に勝った18歳の誕生日は一生忘れない」=神奈川県内

第65回全国高校野球選手権千葉大会で印旛が初優勝し、胴上げされる蒲原監督=1983年7月29日、千葉県野球場

千葉大会決勝の東海大望洋戦で被安打1、無四球11奪三振で完封した成田の中川=2010年7月25日、千葉マリン

拓大紅陵―東海大浦安 夏の甲子園初出場が決まり喜ぶ拓大紅陵の古橋(左)と鈴木=1984年7月29日、県野球場

桐蔭横浜大で主将となった千葉貴央。「木更津総合の後輩は僕のときと同じ3連覇が懸かっていますね。重圧の中で負けない野球ができるのが木総の強さ。僕の分も夢を成し遂げてほしい」=横浜市



第100回全国高校野球千葉大会

ページ