第100回全国高校野球選手権記念千葉大会

高校野球新着記事

稲毛―千葉北 8回表稲毛2死満塁、石川が左飛に終わり天を仰ぐ=袖ケ浦市営

小金―東京学館浦安 7回表小金1死一、三塁、適時打を放って喜ぶ大橋=第一カッター

加藤拓磨、晃太の浦安南バッテリー=柏の葉

準決勝で敗れ肩を落とす志学館ナイン

安房―翔凜 9回裏翔凜2死一塁、泉谷が右前打を放つ=袖ケ浦市営

市船橋-千葉商大付 5回裏市船橋1死三塁、岩崎が一塁強襲適時打を放つ=千葉県総合SC

県船橋―日体大柏 9回裏県船橋無死満塁、吉田の適時打でサヨナラのホームを踏み、ガッツポーズの広瀬=青葉の森

二遊間のゴロをさばく東京学館浦安の遊撃手増田侑(右)。後ろは二塁手宇佐見

浦安-西武台千葉 延長11回表西武台千葉1死二塁、鈴木が右中間へ勝ち越し打を放つ=柏の葉



高校野球ドキュメント100

木樽を超高校級と報じる1965年8月13日の千葉日報。「生まれ変わったら銚子商から早大に進学して野球をやりたい」

体重70キロだった自身の高校時代の写真を見て「細いなあ」と笑う松本啓二朗。新日鐵住金かずさマジックで現役を続けている=君津市

成田時代は絶対的エースとして2度の選抜出場を果たした唐川

第62回高校野球選手権県大会優勝時の石井監督(中央)=1980年7月、千葉県野球場

第56回全国高校野球選手権で銚子商の初優勝を報じる1974年8月20日の千葉日報

千葉経大付の甲子園8強入りを報じる2004年8月18日の千葉日報



第100回全国高校野球千葉大会

ページ