ちばの選挙

参院選きょう投開票 17日間の舌戦に審判 大勢判明は深夜以降に

 第22回参院選はきょう11日投票が行われ、即日開票される。千葉選挙区(改選数3)は現職1人、新人8人の9氏が立候補。消費税率引き上げや民主党政権の是非などを争点に、各党代表や幹部クラスが連日県内入りして大激戦を展開した。17日間の舌戦を終えた各候補は、504万有権者の審判を受ける。期日前投票は前回よりも約1万8千人増えており、投票率の動向も焦点。千葉選挙区の大勢判明は11日深夜から12日未明の見通し。

 千葉選挙区には、民主党新人の元総務省職員、小西洋之氏(38)=国民新党推薦=、自民党現職の保育園理事長、椎名一保氏(58)、みんなの党新人の元衆院議員、水野賢一氏(43)、幸福実現党新人の党役員、牧野正彦氏(54)、自民党新人の元少子化相、猪口邦子氏(58)、民主党新人の弁護士、道あゆみ氏(44)、共産党新人の党役員、斉藤和子氏(35)、新党改革新人の医師、古閑比佐志氏(47)、日本創新党新人の元印西市議、清水哲氏(45)=たちあがれ日本推薦=の計9人が立候補。

 投票は午前7時から午後8時まで県内1548カ所の投票所で行われ、開票は59開票所で午後9時前後から順次行われる。

 千葉選挙区の大勢判明は11日深夜から12日午前0時半ごろ。比例代表を含めた参院の新たな勢力分野は12日朝までに確定する見通し。


  • LINEで送る