【新型コロナ詳報】千葉県内、最多477人感染 5日連続で更新 60代~80代の5人死亡

千葉日報オンライン
千葉日報オンライン

 千葉県内で9日、過去最多となる男女477人の新型コロナウイルス感染と、感染者5人の死亡が判明した。これまで最多だった8日の455人を上回り、5日連続で過去最多を更新した。9日午後1時現在で県内の重症者は最多の31人に達した。県内での死者は136人、累計感染者は1万3830人に増えた。

 県疾病対策課によると、死者5人のうち、いずれも市原市に住む60代と80代の男性2人と、木更津市の80代男性は、クラスター(感染者集団)が発生した「袖ケ浦さつき台病院」(袖ケ浦市)の認知症病棟の入院患者。同病院では、入院患者ら43人の感染が確認されている。

 このほか80代男性2人が死亡。県は遺族の同意が得られていないとして、居住地などの詳細を明らかにしていない。

 県は10歳未満から90代以上の298人の感染も発表。クラスターが発生した施設では、有料老人ホーム「愛生グリーンプラザ八千代」(八千代市)の感染者が職員2人増の37人に、介護老人保健施設「晴耕苑」(南房総市)の感染者が職員1人増の18人になった。

 千葉市は67人の感染を発表した。49人の感染経路が不明で、12人は家族ら同居人からの感染とみられる。

 船橋市は58人の感染を発表した。うち17人に感染者との接触があった。

 柏市は54人の感染を発表した。クラスターが発生した「名戸ケ谷病院」(柏市)では、新たに50代の女性職員1人の感染を確認。同院の感染者は計15人となった。

 同市は、市子育て支援課の女性職員=我孫子市=の感染も発表。年末年始に会った親族の感染が分かり、濃厚接触者として8日に検査を受け判明。最終勤務日は昨年12月27日で親族と会う前だったため、職場に濃厚接触者にあたる職員はいない。

 9日に県内で感染が確認された人の居住地は▽千葉市73人▽船橋市55人▽柏市53人▽松戸市35人▽八千代市34人▽市川市26人▽市原市22人▽習志野市20人▽鎌ケ谷市14人▽木更津市と袖ケ浦市が各12人▽浦安市、野田市、成田市が各9人▽流山市、我孫子市が各8人▽八街市と山武市が各7人▽佐倉市、富里市、東金市が各5人▽印西市、白井市、茂原市、酒々井町が各4人▽四街道市、君津市、旭市、多古町、長生村が各3人▽香取市、勝浦市、鋸南町が各2人▽銚子市、館山市、鴨川市、富津市、大多喜町、東庄町が各1人▽県外6人。


  • LINEで送る