【緊急事態宣言発令】地域医療は崩壊寸前 外来、救急に影響も 千葉ろうさい病院

千葉ろうさい病院のコロナ患者専用病棟。患者のケアに当たる医療スタッフは緊張感が続いている=市原市、同病院提供
千葉ろうさい病院のコロナ患者専用病棟。患者のケアに当たる医療スタッフは緊張感が続いている=市原市、同病院提供

 新型コロナウイルスの感染者急増で千葉県内も医療崩壊の危機が迫る。病床確保計画が最高レベルの「フェーズ4」に引き上げられた市原圏域(市原市)の「千葉ろうさい病院」(同市辰巳台東)では、コロナ患者の受け入れ人数を増やすのに備え、新たな看護師の確保に追われている。「これ以上患者が増えれば入院や外来、救急診療を制限する事態になりかねない」と危惧。スタッフの疲労も限界に近づいており、緊急事態宣言に伴う対策で感染者が減ることを願っている。

(市原支局長・坂巻洋一)
【残り 500文字】



  • LINEで送る