【速報】八街の養鶏場で鳥インフル、6万6千羽の殺処分開始 千葉県内、今季2例目

鳥インフルが発生した農場で、殺処分等の「防疫措置」を行う千葉県職員=19日午前、八街市(県提供)
鳥インフルが発生した農場で、殺処分等の「防疫措置」を行う千葉県職員=19日午前、八街市(県提供)
鳥インフルが発生した農場で、殺処分等の「防疫措置」を行う千葉県職員=19日午前、八街市(県提供)
鳥インフルが発生した農場で、殺処分等の「防疫措置」を行う千葉県職員=19日午前、八街市(県提供)
千葉県八街市内での鳥インフルエンザの発生を受け、県対策本部会議で今後の対応を指示する熊谷知事=19日、県庁
千葉県八街市内での鳥インフルエンザの発生を受け、県対策本部会議で今後の対応を指示する熊谷知事=19日、県庁

 千葉県は19日、八街市の養鶏場で高病原性の疑いがある鳥インフルエンザが確認されたと発表し、飼育している肉用鶏約6万6千羽の殺処分を開始した。県内での鳥インフル発生は今季2例目。県は同日午前に対策本部会議を開き、熊谷俊人知事が「(県内1例目と異なり)今回は養鶏場で発生し、周辺に農場が位置している。周囲に影響が及ばないよう防疫措置に万全を期す必要がある」と述べ、全庁を挙げて対応するよう指示した。殺処分は翌20日に完了する見込みという。

 県によると、農場では鶏舎3カ所で肉用鶏を飼育。うち1カ所で17日に約190羽、18日には約250羽と死ぬ鶏が増えたことに従業員が気付き、県に通報した。同日の簡易検査で陽性が判明し、その後の遺伝子検査の結果を踏まえ、翌19日午前5時、農林水産省が「疑似患畜」と判定した。農場は窓のない構造で、感染経路は現時点で不明。

 感染拡大防止へ県は、発生農場から半径3キロ以内を鶏・卵等の移動を原則禁じる「移動制限区域」、同3~10キロを持ち出し禁止の「搬出制限区域」にそれぞれ設定した。周辺農場は個人での飼育を含め移動制限区域に8カ所、搬出制限区域に38カ所あるという。

 さらに、発生農場の周辺3カ所に畜産関係車両の消毒ポイントを設置。県内全農場に注意喚起も行った。

 また、周辺の10キロ以内を環境省が「野鳥監視重点区域」に指定したことを受け、野鳥監視を強化する。

 県内では、昨年12月に宮内庁新浜鴨場(市川市)で今季初の鳥インフルが確認されていた。


  • LINEで送る