青葉の森公園で大型プランター大量盗難 台座切断の跡も 被害総額600万円

 千葉県は1日までに、県立青葉の森公園(千葉市中央区)の西洋庭園で、大型プランター全20個のうち14個が盗まれ、6個が破損していたと発表した。被害総額は約600万円。県は千葉中央署に被害届を提出。同署は搬送車両を使った窃盗事件とみて捜査している。

 県公園緑地課と同署によると、大型プランターは直径75センチ、高さ40センチ、重さ30キロの鋳鉄製でおわん型。ボルトで台座に固定しており、破損したプランターには固定部分を切断した跡があった。花や土は周囲に捨てられていた。公園指定管理者の職員が31日朝の巡回で被害を確認した。31日午前0時ごろには異常はなかったという。

 同課は「警察の協力の下、パトロールを強化し盗難防止に努める」とした。


  • LINEで送る