【新型コロナ詳報】千葉県内3人死亡、127人感染 東京都上回り全国最多

 千葉県内で1日、新型コロナウイルス患者3人の死亡と127人の新規感染が判明した。121人だった東京都の感染者を上回り、全国最多となった。森田健作知事は報道陣の取材に「(県内で感染者100人以上という)現在の状況が続くなら、千葉県の解除は難しい」と述べ、感染者が減らなければ7日が期限の緊急事態宣言を解除するのは困難との考えを示した。

 県によると、感染が急増した昨年12月以降、一日の県内感染者が東京都を上回るのは初めて。担当者は原因について「詳しく判断できないが、高齢者施設や医療機関でクラスター(感染者集団)が散発している」ことを挙げた。

 県は県内居住の3人の死亡を発表した。70代男性はクラスターのあった医療機関の入院患者で2月26日に死亡。80代女性はクラスターの高齢者施設の入所者で12日に亡くなった。28日に死亡した90代以上の男性はICU(集中治療室)に入っていた。

 2施設で新たなクラスターが確認された。既に4人が感染していた市川市の「かけまま保育園」で、新たに園児3人と職員1人が陽性。市原市の「リハビリテーション病院さらしな」で、職員と入院患者各9人の感染が判明した。

 クラスターとなった5施設では感染者が増えた。松戸市の新松戸中央総合病院と、船橋市立行田保育園で3人増加。野田市の岡田病院と、流山市の介護老人保健施設「ナーシングプラザ流山」、松戸市の特別養護老人ホーム「まんさくの里」で1人ずつ増えた。

 一日の県内感染者が東京を上回り、森田知事は「県内は6日連続で100人を超えた」と危機感を示した。100人超の状況やさらなる悪化なら、「7日の解除は非常に難しく、千葉県は宣言解除の延長も頭に入れておかなければ」と宣言延長の可能性に言及した。

 1日に県内で感染が確認された人の居住地は▽市原市21人▽船橋市20人▽市川市18人▽千葉市13人▽柏市8人▽松戸市6人▽山武市5人▽浦安市、八街市、茂原市が各4人▽習志野市、富里市、袖ケ浦市が各3人▽八千代市、流山市、成田市が各2人▽鎌ケ谷市、野田市、四街道市、白井市、東金市、酒々井町、白子町が各1人▽県外が2人だった。


  • LINEで送る