【緊急事態宣言1週間】協力金なし、厳しい選択 対象外の映画館、運動施設、パチンコ店 時短対応分かれる

千葉など1都3県に緊急事態宣言が発令され1週間。県内では感染拡大に歯止めがかからず、14日は過去最多となる488人の感染が確認された=同日、千葉市中央区
千葉など1都3県に緊急事態宣言が発令され1週間。県内では感染拡大に歯止めがかからず、14日は過去最多となる488人の感染が確認された=同日、千葉市中央区
営業時間の変更を知らせる京成ローザ(10)の張り紙=14日、千葉市中央区
営業時間の変更を知らせる京成ローザ(10)の張り紙=14日、千葉市中央区

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、千葉など1都3県に緊急事態宣言が発令され1週間。営業時間短縮要請も県内全域に拡大され最初の週末を迎えるが、各地の繁華街は閑散としている。一方、要請に伴う協力金支給対象は飲食店などに限られ、午後8時までの営業にしても「見返り」がない映画館や運動施設などでは厳しい選択を迫られ、対応が分かれている。

 千葉市中央区の映画館「京成ローザ(10)」は、12日から営業時間を3時間短縮し午後8時までとした。副支配人の有村陽介さん(43)は「(時短は)致し方ないという思いがある」としながらも、要請に応じており「(協力金を)出してもらいたい気持ちもある」と複雑な心境を明かした。

 京成千葉中央駅近くにあり、平日は仕事帰りの客が多いが「レイトショーも上映できない」。感染対策について「人気アニメが上映中も映画館でクラスター(感染者集団)が発生したとは聞いていない。どこもしっかり対策している」と強調した。

 県内14店舗を含む首都圏の1都3県で79店舗のスポーツ施設を運営するコナミスポーツクラブ(東京都品川区)は、緊急事態宣言発令を受け、9日から全店舗の営業時間を最長で午後8時までとした。

 昨春は緊急事態宣言や各自治体の休業要請に応じて、営業を取りやめた。今回の時短要請について、広報担当者は「感染拡大防止のために企業として政府や自治体による働き掛けに協力する責任がある」と説明した。

 感染防止対策を徹底し、客が極力集まらないようにして、午後8時を過ぎても営業を続けている店舗もある。

 県内で3店舗を運営するパチンコ会社は、感染拡大予防ガイドラインに従った上で、午後8時以降もネオンや看板照明を消して営業している。集客を目的とした店頭やホームページでの広告も自粛。時短要請への今後の対応について、同社は「業界団体から出される方針や要請をもとに検討している」とした。

 1都3県で30店舗のフィットネスクラブを展開するスマートフィットネス(東京都中央区)は、県内の7店舗でいずれも従来通り24時間の営業をしている。広報の担当者は「厳しい局面も承知しているが、感染防止対策を徹底してコロナ下での運動需要に応えたい」と話した。


  • LINEで送る