森田知事繁華街を視察 時短要請「引き続き協力を」

繁華街を視察し、時短営業の実施状況を確認する森田知事(右から2人目)ら=12日午後7時15分ごろ、船橋市前原
繁華街を視察し、時短営業の実施状況を確認する森田知事(右から2人目)ら=12日午後7時15分ごろ、船橋市前原

 森田健作知事は12日夜、船橋市内の繁華街を視察し、新型コロナウイルス感染防止のため飲食店に要請している時短営業の実施状況を確認した。

 森田知事は県警の楠芳伸本部長、船橋市の松戸徹市長らとJR津田沼駅北口周辺の繁華街を巡回。入店した居酒屋では、アクリル板で仕切られた店内の感染防止対策を確認し「どうか引き続き協力をお願いします」と呼び掛けた。

 居酒屋など70店舗が加盟する船橋市前原商店会の事務局も訪問。大塚智明会長(47)は「協力金のおかげで時短営業に踏み切れている。それでも飲食店はつらい思いをしているので、感染拡大の防止につながればうれしい」と切実に訴えた。

 巡回を終えた森田知事は「ほとんどの店が時短要請を受け入れてくれていた」と感謝するとともに「コロナを倒すラストチャンスだと思ってこの状況を乗り切ってほしい」と話した。


  • LINEで送る