アクアラインで時速239キロ 大型バイクの男に有罪判決 千葉地裁

  • LINEで送る

 東京湾アクアライン(法定速度時速80キロ)を大型バイクに乗って時速239キロで走行したとして、道交法違反の罪に問われた柏市の会社員の男(34)に千葉地裁は14日、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。

 判決などによると、昨年5月24日午前3時50分ごろ、木更津市のアクアライン上り線トンネル内で、英国トライアンフ社の大型バイク「デイトナ675SE」(約670cc)を運転し、法定速度を159キロ上回る時速239キロで走行した。

 本間明日香裁判官は判決理由で「ハンドル操作などを誤れば重大事件を引き起こしかねず、危険性は明らか」と指摘。男が「注目を集めて大きな反響を期待した」と、走行中の速度メーターなどを撮影した動画をインターネット上に公開していたことに「身勝手で短絡的、強い非難に値する」とした。

 一方で「反省し、車両を処分するなどしている」として執行猶予を付けた。

 男は「最高速チャレンジ編」などのタイトルで動画投稿サイト・ユーチューブに動画を公開。閲覧者から「速度違反ではないか」と県警に匿名のメールが届き、発覚した。