2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

京葉道一部区間3車線化 武石IC-船橋ICあす4日、運用開始

3車線化に向け付加車線の整備が進む京葉道路幕張IC―花輪IC間の京葉道路上り線(ネクスコ東日本提供)
3車線化に向け付加車線の整備が進む京葉道路幕張IC―花輪IC間の京葉道路上り線(ネクスコ東日本提供)

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)は、京葉道路上り線武石インターチェンジ(IC)-船橋IC間の一部区間計約6キロを事実上3車線化して、4日午後3時ごろから運用を始める。車線の拡張で渋滞の緩和と交通事故の削減が期待できるとしている。

 同区間内の3カ所に路肩や中央分離帯を縮小して、ICからの本線合流などを円滑にするための「付加車線」を設置。同社千葉管理事務所によると、同区間は渋滞が年間360日発生しているが、付加車線設置で30日程度まで減るという。

 同社は渋滞対策の一環で、同道路上り線千葉東ジャンクション(JCT)-貝塚IC間の一部約1・3キロ、千葉東金道路上り線千葉東IC-千葉東JCT間の約400メートルにも付加車線を整備。ともに4日午後3時ごろから通行が可能となる。


  • LINEで送る