入園者2万人に制限 21日から 営業時間変更なし ディズニー

千葉県からの要請で入園者数が2万人以下に制限された東京ディズニーランド(c)Disney
千葉県からの要請で入園者数が2万人以下に制限された東京ディズニーランド(c)Disney

 東京ディズニーランドとシーを運営するオリエンタルランド(OLC、浦安市)は20日、両パークの入園者数の上限を21日からそれぞれ収容人数の50%程度から2万人以下に制限すると明らかにした。同日から千葉県内全域に新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置を適用する千葉県からの要請に応じた。営業時間に変更はなく、両パークとも原則午前9時~午後9時まで。

 OLCによると、両パーク内にある飲食店は県から重点措置適用中も酒類提供が認められる「確認店」を取得している。

 両パークでは県内への緊急事態宣言が解除されたことを受け昨年10月、入園者数を上限5千人から1万人に緩和。11月には、1万人からさらに段階的に引き上げるとしていた。

 同社担当者は「政府や千葉県からの要請に従い、引き続き感染対策を取りながら運営していく」と語った。

 遊園地のよみうりランド(東京都、神奈川県)も20日、入園者数を21日から上限5千人に制限すると発表した。地元自治体に感染防止策を提出し、29日からは2万人に引き上げることを目指すとしている。


  • LINEで送る