イオンモールだけじゃない? 幕張新駅、周辺の魅力探る 公募駅名の参考に(前編)【急上昇ニュースのウラ】

建設工事が進む幕張新駅=千葉市美浜区浜田
建設工事が進む幕張新駅=千葉市美浜区浜田
幕張新駅の計画地(幕張新都心拡大地区新駅設置調査会の発表資料より)
幕張新駅の計画地(幕張新都心拡大地区新駅設置調査会の発表資料より)

 JR東日本が今月30日まで受け付けている2023年春開業予定の京葉線「幕張新駅(仮称)」(千葉市美浜区)の駅名公募。同社としては山手線の「高輪ゲートウェイ」以来2例目となる駅名公募で、熊谷俊人知事も「私も関わってきた思い入れのある駅」として自らの思いを語るなど、多方面から注目を集めています。多くの人が駅名を考える参考になれば、と千葉日報デジタル編集部が新駅周辺を歩くとともに、歴史をひもときながら地域の魅力を探りました。

◆全長1・2キロの巨大SC

 新駅建設地は新習志野-海浜幕張駅間の「幕張新都心拡大地区」と名付けられたエリアにあります。住所は千葉市美浜区浜田2-45-2。習志野市との市境の近くです。出入口は新駅の南側に設けられます。

 南側で際立つのは、巨大商業施設の「イオンモール幕張新都心」。同じ幕張新都心に本社を構えるイオングループの"旗艦店"で、敷地面積約19万平方メートル、店舗面積約13万平方メートルにも上る国内屈指のショッピングセンター(SC)です。

国内屈指の巨大商業施設「イオンモール幕張新都心」
国内屈指の巨大商業施設「イオンモール幕張新都心」

 京葉線に沿うように建てられた店舗の全長は約1・2キロ。新習志野-海浜幕張駅間の約3分の1の距離を占めているのですから、その存在感は相当なもの。新駅は同施設の「ファミリーモール」棟近くで既に建設が始まっています。

 他に駅南側には、イオンモールに囲まれるように米国発の会員制量販店「コストコ」が建っています。大容量な商品を安価に提供するとあって、2000年の開業時から人気の店舗です。近隣には、広々とした芝生広場を持ち、各種イベント会場にもなる「豊砂公園」、がんや認知症の治療に力を入れる「東京ベイ先端医療・幕張クリニック」も立地しています。

 駅南側の習志野市方面には、ソメイヨシノ約500本が配された「さくら広場」があります。パナソニックの社有地に整備された、日本を代表する建築家、安藤忠雄氏が設計した美しい庭園です。その隣にはラウンドワン習志野店もあります。

米国発量販店のコストコ
米国発量販店のコストコ

芝生広場のある豊砂公園
芝生広場のある豊砂公園

安藤忠雄氏設計のさくら広場
安藤忠雄氏設計のさくら広場

◆平日も混み合う免許センター

 一方、駅北側の特筆すべき施設は、なんと言っても千葉運転免許センターでしょう。運転免許証の各種手続きのため、土日はもとより、平日でも大勢の県民で混み合っています。

千葉運転免許センター
千葉運転免許センター

 他には、自動車販売「Keiyo BMW」の幕張支店、すし店チェーン「銚子丸」本社、OA機器販売・修理「千葉測器」の幕張営業所、化粧品・健康食品販売「DHC」の研究所などが近くに立地しています。ただ、駅の南側に比べ、街にはそれほど人は多くなく、静かなエリアといった印象です。

銚子丸本社。取材時は外装工事中でした
銚子丸本社。取材時は外装工事中でした

DHCの研究所
DHCの研究所

 なお、駅北側へとアクセスする自由通路の整備も関係者間で検討されていますが、現状では「将来の課題」とされ、実現の見通しは立っていません。市によると、通路は京葉線の車両基地をまたいで作らなければならないため約150メートルと長く、多額の事業費がかかること、また誰がどの位の割合で事業費を負担するのかなど、いくつかの課題が残されているということです。

 既存の道路を使うとなると、新駅から運転免許センターへのアクセスは徒歩約20分と、少々歩くことになります。バスを使えば10分ほどです。(デジタル編集部)

「後編」幕張新駅、実現まで30年 一度立ち消え…紆余曲折の歴史に続く


  • LINEで送る