「朝獲れ鮮魚」特急で直送 銚子3港→千葉駅 JR千葉支社11日実証実験

「朝獲れ鮮魚」を運ぶ特急しおさい(JR東日本千葉支社提供)
「朝獲れ鮮魚」を運ぶ特急しおさい(JR東日本千葉支社提供)
特急輸送の鮮魚が届くペリエ千葉の「魚力」(千葉ステーションビル提供)
特急輸送の鮮魚が届くペリエ千葉の「魚力」(千葉ステーションビル提供)

 JR東日本千葉支社と千葉ステーションビルは、銚子市内漁港の「朝獲れ鮮魚」を特急しおさいで千葉駅まで運ぶ実証実験を11日から開始する。列車輸送の速達性を生かし、早朝に水揚げされた魚を新鮮な状態のまま買い物客に届けることができる。同社は定期的な実証実験を重ね、安定した輸送システムの確立や効率化を目指すとした。

 同社によると、初回となる11日の実証実験では、銚子駅午前7時42分発の特急しおさい6号を利用する。取れたてのみずみずしい魚を特急内の車内販売準備室に積み、途中の千葉駅(午前9時2分着)まで輸送。販売場所は駅直結のペリエ千葉地下1階「魚力」で、加工など販売の準備ができ次第店頭に並べる。

 道路混雑などの影響を受けるトラック輸送と比較すると、大幅に短縮した輸送時間(1時間20分)で定時性を確保。二酸化炭素(CO2)の排出を減らし、環境負荷も軽減できるという。同社は列車輸送を新たな流通手段として確立し、漁業関係者の販路拡大にもつなげたいとしている。

 魚の種類は、銚子市内3港(銚子漁港、犬若漁港、外川漁港)に揚がるヒラメやマダイ、ホウボウなど。天候や漁獲状況により変動するが、輸送1回につき発泡スチロール箱4~5個分を想定している。

 輸送は朝の通勤時間帯と重なるため、短い停車時間でスムーズな荷下ろしができるかが課題。複数回の実証実験で、細かい運用方法を確認するとした。

 JR東日本では昨年から、特急を活用した生鮮品の輸送を開始。既に横浜支社など3社で実証実験が進んでいる。同支社では静岡県・伊豆から東京駅までイセエビを直送し、好評を得ているという。

 JR千葉支社としては初の試みで、豊富な魚介を地産品とする千葉の魅力を発信しようと企画した。担当者は「自宅で新鮮な魚を楽しみ、新型コロナが落ち着いたらぜひ特急に乗って現地を訪れてほしい」と期待している。


  • LINEで送る