特急再び「極めて異例」の臨時停車 先行電車オーバーランでJR成田線

  • LINEで送る

 「極めて異例の事態」が再び発生―。19日午後1時25分ごろ、酒々井町のJR成田線酒々井駅で、久里浜発成田空港行き下り快速電車(15両編成)が停止位置を約220メートル過ぎて止まり、同駅に戻れずに通過するトラブルが発生した。本来は同駅に停車しない後続の特急成田エクスプレスを臨時停車させ、快速に乗車できなかった客を乗せ、さらに停車予定ではなかった次の成田駅でも臨時停車する極めて異例の事態となった。

 先行電車のオーバーランにより、後続の特急が臨時停車して先行電車に乗れなかった客を運ぶのは、14日にもJR外房線八積駅でも発生しており、およそ1週間で「異例の事態」が連発。JR千葉支社は「極めて遺憾。信頼回復に努める」と再発防止を誓った。

 同支社によると、快速の30代男性運転士が「通過駅と勘違いした」と説明。踏切内で停車し、後退すると遮断機が誤作動を起こす可能性があったため、約7分後に次の成田駅に向かって運転を再開した。下車できなかった快速の乗客70人が成田駅で降りたほか、後続の特急を停車予定になかった酒々井、成田の2駅で臨時停車させる異例の対応をせざるを得なかった。