ちばの選挙

「消費税増は最悪の不公平」 共産・志位委員長

 共産党の志位和夫委員長が28日、参院選千葉選挙区に擁立した新人候補の応援演説のため県内を訪れ、「消費税増税は最悪の不公平税制だ」と訴えた。

 JR千葉駅前の街頭に立った志位委員長は、消費税問題を中心に取り上げ、「民主党と自民党がそろって税率10%を公約にした。10%になると4人家族で年間16万円の負担増。1万円の買い物をしたら千円札を取られてしまう」と力を込め、「消費税増税は、大企業の法人税減税の財源づくりが目的だ。この不公平税制をただし、選挙で審判を下さなければならない」と呼び掛けた。


  • LINEで送る