ちばの選挙

民主の暴走止める力を 社民党県連合 村上克子代表

  • LINEで送る

 神奈川・千葉で40万票ずつ、山梨で20万票、比例南関東ブロックで100万票を狙う。今回は小選挙区で千葉7区に新人を、神奈川に現職を出している。私自ら比例単独で出ることで、比例票に上積みができる。

 私が千葉選挙区で2人出すと言ってきたのに1人しか小選挙区に擁立できなかった責任もあるが、2人だけなら66万票でいい。3人を狙うから100万。私も最初から埋もれる気はない。

 小泉元首相は自民党をぶっ壊すと言ったが、今ようやく公約を実行したのかと思う。(4年前の衆院選で勝ちすぎて)自民党は壊れていった。今回は民主党が勝つと思うが、民主党が馬鹿勝ちして、かつて社会党が勝った後崩れていったパターンを歩むのが心配だ。

 政治は平衡感覚。民主党が勝つとしても8割を取って権力の座に座って暴走しては困る。その中で社民党が議席を伸ばす意義がある。第3、第4野党が一定の力を持たないと弱い立場の人の声がかき消される。

 社民党は、しなやかに頑固に平和と暮らし、雇用を守る。護憲の旗は今弱くなっているが、一般の方からブレずに抑止力になってもらいたいと言われる。平和に危機感を持っている人の声に応えたい。民主党の政策に私たちの主張を取り込ませるだけの存在感を示すために、今は議席が1けただが、2けたにしたい。

 私たちは高度福祉社会、社会民主主義の実現を掲げている点が他の党(民主党や共産党)とは違う。平和は共産党と近いが、民主党は自民党と同じく幅がある。戦争遂行勢力に飲み込まれないよう、民主党の一部とは共同歩調をとる。

 雇用についても民主党が企業よりの立場だったとしても、社民党が労働者の立場に引き寄せ譲歩させる。ただ、次期政権にしっかり食い込む力を持たないとそれはできない。

 民主党が票を伸ばすとき(都議選でもそうだが)、それ以外の党は票を減らすということはある。ただ、風はちょっとしたことで追い風が逆風になったり、行きつ戻りつする。今は民主党は華の時代。我々は今さびしいが、必ず盛り返す。