電車にはねられ高齢男性死亡 東武野田線の踏切

※写真はイメージ
※写真はイメージ

 24日午前9時5分ごろ、流山市西初石2の東武野田線江戸川台-初石間の踏切で、男性が船橋発七光台行き上り普通電車(6両編成)にはねられた。流山署によると、男性は80代とみられ、搬送先の病院で死亡した。乗客にけがはなかった。同署で男性の身元や詳しい状況を調べている。

 同署によると、運転士は「踏切内に自転車を押した人がおり、停車しようとしたが間に合わなかった」と話している。

 東武鉄道によると、この事故により上下19本が運休。ダイヤは最大1時間18分遅れ、乗客約4千人に影響した。


  • LINEで送る