観光バス蛇行柱に衝突 心筋梗塞か運転手死亡 乗客26人けがなし 成田の県道

  • LINEで送る

事故を起こした観光バス=1日午後0時30分ごろ、成田市(共同)
事故を起こした観光バス=1日午後0時30分ごろ、成田市(共同)

 1日午前6時50分ごろ、成田市三里塚の県道で、成田空港行きの大型観光バスが蛇行を繰り返して反対車線の信号柱などに衝突、歩道に乗り上げて右脇の雑木林に突っ込んだ。運転手の近藤善則さん(66)=千葉市稲毛区山王町=が搬送先の病院で死亡。中国人観光客26人にけがはなかった。成田署によると、近藤さんは運転中に心筋梗塞を発症し、病死したとみて詳しい事故原因を調べている。

 現場は片側1車線。目撃した男性が「蛇行運転していたバスが電柱にぶつかった」と110番通報した。

 バスは成田市内のホテルで観光客を乗せ、成田空港へ向かう途中だった。会社側は県警の聞き取りに対し、「運転手の健康状態に問題はなかった」と答えているという。