2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

ディズニー 周辺ホテル続々再始動 対策強化、客足徐々に 浦安

10日から営業再開するオリエンタルホテル東京ベイ。入り口では利用客の検温を行うなど感染防止対策を講じる(同ホテル提供)
10日から営業再開するオリエンタルホテル東京ベイ。入り口では利用客の検温を行うなど感染防止対策を講じる(同ホテル提供)

 新型コロナウイルス感染防止のため約4カ月休園し、7月1日に再開した東京ディズニーランドとシー(浦安市)の周辺では、来場者らを迎え入れるホテルが続々と再始動している。東京都を中心に首都圏で感染者が増加傾向にある中、各ホテルは利用後に最低1日を客室の消毒に充てたり、混雑回避のためチェックイン待ち時間を確認できるシステムを終日導入したりと感染防止対策を強化。再開から1週間がたち、客足が徐々に増えてきたホテルもある。

 4月30日から休館していた「ヒルトン東京ベイ」(828室)は、6月30日から営業を再開。客のチェックアウト後、最低1日は客室の使用を控え、室内の消毒と清掃に充てている。両パークの再開に伴い、夏休み時期の8月以降の宿泊に関する問い合わせが増えてきた。

 担当者によると、両パークが入園者数を制限していることもあって宿泊者は通常より少ないが、再開後の1週間で客足は徐々に戻りつつあるという。「コロナ禍で不安な日々を過ごしている方も多いと思うが、館内では感染症対策を徹底している。安心、安全にホテルでの時間を過ごしてほしい」と願った。

 「グランドニッコー東京ベイ舞浜」(703室)は、運営会社を替えて5月1日に開業する予定だったが、新型コロナの影響で延期し、両パークの再開と同じ7月1日にオープンした。

 客の密集を避けるため、3階と1階にある玄関を入り口と出口に分けたほか、客の検温や社会的距離の確保を徹底。レストランでは当面の間、ビュッフェ形式を休止する。担当者は「館内では消毒や密を避けた対策を十分に取っているので、安心して足を運んでもらえたら」と期待を寄せた。

 4月20日から休業していた「オリエンタルホテル東京ベイ」(511室)は、10日から営業を再開する。午前11時~午後8時の混雑時に客の検温や消毒を実施。チェックイン手続きの待ち時間をスマートフォンで確認できるシステムを混雑時に導入していたが、3密回避のため終日利用できるようにした。

 7月で開業25周年を迎える同ホテルは、レストラン「グランサンク」で7月生まれの客の飲食代を25%割引くキャンペーンを企画。担当者は「安全に利用してもらえるよう感染症対策を徹底している。またホテルでお会いできるのを楽しみにしています」と呼び掛けた。


  • LINEで送る