2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

【新型コロナ】柏で保育士2人感染、休園に 千葉県内で連日10人判明 休業再要請の目安に到達

 千葉県内で7日、柏市立の二つの保育園に勤務する保育士2人を含む10人の新型コロナウイルス感染が判明した。重症者はいない。両保育園は同日から臨時休園となった。10人判明は2日連続。船橋市では感染が判明していた90代男性1人の死亡が分かった。県内で確認された感染者は累計1034人、死者は46人となった。

 県内感染状況を示す県の独自指標は、店舗や施設への休業再要請を検討する目安に達した。ただ、県は病床の余裕などを理由に現時点では警報発令や再要請に踏み切らない考え。
 
 ◆園児・同僚70人検査
 
 柏市は7日、市立しこだ保育園(園児136人、職員44人)と市立増尾保育園(園児121人、職員43人)にそれぞれ勤務する、いずれも20代の女性保育士計2人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。2人とも軽症。感染経路は不明。

 市は同日、両園に医師を派遣し、2人が担当したクラスの園児全員と同僚保育士の計70人のPCR検査を行う。感染拡大防止のため、両園とも同日から臨時休園した。

 市によると、しこだ保育園の保育士は市内在住。最後に勤務したのは3日で、帰宅後に嗅覚の低下を感じ、6日の検査で感染が判明した。通勤には東武野田線や東武バスを利用。

 増尾保育園の保育士は流山市在住。最後に勤務したのは2日で、5日夜に発熱し6日の検査で判明した。通勤は自家用車を利用。

 2人は友人同士。6月29日、しこだ保育園の保育士の自宅で会っていた。職場以外の人との接触の機会はないという。

 市の検査対象は、しこだ保育園40人(このうち園児は27人)、増尾保育園30人(同19人)。休園期間は、しこだ保育園が17日まで。増尾保育園は16日まで。
 
 ◆船橋で未就学児も
  
 船橋市は7日、10歳未満の未就学男児と、30代男性会社員の計2人が感染したと発表した。いずれも軽症。会社員の感染経路は不明。また、前日に感染が分かった市内小学生1人は、10歳未満の男子児童と公表した。未就学男児とは兄弟で、同居家族の男性1人の感染も確認されている。

 同市は、新型コロナに感染していた90代男性が6日にコロナ以外の疾患が主因で死亡したことも明らかにした。男性は市内の高齢者福祉施設に入所。4日に感染が判明し、市内の病院で亡くなった。コロナに関連した同市内の死者は初めて。

 同市保健所によると、未就学男児は4日に腹痛の症状が出て、5日に医療機関を受診。せきや鼻詰まりなどの症状が残っており、市内医療機関に入院した。兄の小学生も軽症だが、発熱が続き市内医療機関に入院している。

 男性会社員は4日に発熱や頭痛、だるさなどの症状が現れた。だるさや関節痛などが残っており、市内医療機関に入院した。

 県は20代~80代の6人の感染を発表した。うち松戸市の80代女性は、既に職員2人と入所者1人の感染が判明している県内高齢者施設の入所者。2日までの検査では同ウイルス陰性だったが、熱やせきが出たため再度検査し陽性になった。

 感染経路が不明なのは四街道市の女性と富里市の男性、東京都内の男性。都内男性は県内の実家に帰省中に熱やせきが出て受診した。富里市の男性は都内で建設関係の仕事をしている。

 銚子市の2人は知人同士。


  • LINEで送る