呉屋2発、初白星 柏レイソル

柏-湘南 後半21分、勝ち越しゴールを決め跳び上がって喜ぶ柏・呉屋(左)=三協F柏
柏-湘南 後半21分、勝ち越しゴールを決め跳び上がって喜ぶ柏・呉屋(左)=三協F柏

 明治安田J1第2節第1日(6日・三協フロンテア柏スタジアムほか=8試合)柏は湘南に2-1で競り勝ち、今季初白星を挙げた。呉屋=流通経大柏高出=が2ゴールを決めた。

 川崎は小林の2得点などで仙台に5-1で大勝し、開幕3連勝とした。FC東京はC大阪に3-2で競り勝った。先制点を決めたC大阪の大久保は3試合連続ゴール。

 鳥栖は山下の連続得点で浦和を2-0で破って2連勝。大分は2-1で横浜FCを下した。

柏2 1-1 1湘南
   1-0

▽得点者
【柏】呉屋2(2)
【湘】岡本(1)

▽観衆3898人

 【評】柏が1-1の後半に勝ち越した。前半は呉屋が先制するも速攻から失点。後半21分、右サイドからのクロスを椎橋が頭で流し、呉屋が左足で合わせた。湘南は縦への推進力を生かし、前半に岡本の得点で追い付いたが、粘れなかった。

◆期待の点取り屋が奮起

 期待の点取り屋が今季初白星をもたらした。柏の呉屋が湘南から2ゴールを奪い勝利に貢献。無得点で公式戦2連敗中だった状況に「FWとしてすごく責任を感じていた。今日は絶対取ってやろうという気持ちだった」と奮起した。

 前半14分は右クロスを頭で合わせて先制点。追い付かれても集中は途切れず、後半21分には右から遠い側に流れてきたボールを左足ワンタッチで勝ち越しゴールに変えた。豪快に跳びはね喜びを爆発させた。

 昨季得点王のオルンガが退団したため、今季のストライカーとして注目を浴びる。それでも「自分には違うプレーができる。プレッシャーを感じることはない」と焦らずゴールに迫り結果を残した。

 流通経大柏高出身で昨季加入した27歳。前節でJリーグ通算100試合出場を記念し、花束を手に駆け付けた息子たちの前で躍動。「少しは恩返しができたかな」と笑った。チームにとっても昨年10月10日以来となるホーム勝利で、順位浮上のきっかけとなりそうだ。



  • LINEで送る