ちばの選挙

政策本位で政権奪取へ 民主党県連 河野俊紀幹事長

  • LINEで送る

 鳩山由紀夫新代表になってから、感触が爆発的に良くなった。千葉市長選をはじめ、静岡県知事選、都議選の結果をみても民主党に躍進してもらいたいという流れだと思う。

 ただ、実は4年前の小泉選挙のときも同じムードだった。ところが、郵政選挙に位置づけられ、こともあろうに惨敗した。鳩山代表も全国の幹事長を集めて「相手はどんどんいろいろな仕掛けをしてくる。風向き一つで変わる」と警戒を呼びかけた。候補者も決して浮かれた気持ちはない。どんな状況にも対応できる運動はしてきたはずだ。

 怖いのはスキャンダルが発掘されること。いろんな注意はしているが、収支報告のチェックはしないと。浮かれてはダメだ。
 目標は当然、立候補者全員を衆院議員にすること。特にこれまで弱いとされてきた農村部対策に戸別所得補償制度など農家のための政策も考えている。代表も回っている。10・11区は多少の揺らぎはあると思う。大臣に勝つことはインパクトもある。党本部も力を入れている。10区は分水嶺。成田・羽田問題も重視すべき政策だ。

 今回は全特(全国郵便局長会)がどの区も一生懸命やってくれる。今まで連合だけだった支援組織に全特が加わった。他の(従来自民党支援の)組織もまだ具体的ではないが、接触したいという希望は感じる。

 そうなったのは、4年前の選挙でほとんど実力のない連中が100人ぐらい当選したから。彼らが自民党を食い物にしたのが今の悲劇の始まり。劇場選挙で実態からかけ離れた勝ち方をした結果、疲弊した。

 自民党は本当の実力を知るため、4年前のうその着物を捨て再出発すべき。今度は堂々と政策本位で戦わないといけない。でも、マニフェスト一つとっても、もめている。我々は“くそまじめ”に政策を勉強して訴える。

 政権交代したらマニフェストに沿って優先的に税配分していく。税金の使い道を明らかにして、官僚が作った政策ではなく国民と作ったマニフェストに税金を使う。それが政治を国民に取り戻すということだ。