ちばの選挙

自民県議 30人、森田氏に協力 白石氏派と対決色深まる

 任期満了に伴う知事選(三月二十九日投開票)で、自民党の政策グループ三派に所属する総勢約三十人の自民党県議らが二十八日、出馬表明した俳優で元衆院議員の森田健作氏(59)に協力する方針で一致した。党内には、関西大学教授の白石真澄氏(50)を公明党とともに支援する県議二十四人のグループも存在し、既に応援活動を始めている。同党県議の対応は、森田氏派と白石氏派に分かれ、対決色を深める構図となった。


  • LINEで送る