ちばの選挙

「やんちゃな千葉県に」 事務所開きの報告演説会 森田氏

 三月の知事選に向け、出馬表明した俳優で元衆院議員の森田健作氏(59)が二十二日、千葉市中央区の千葉中央公園で街頭演説し、決意表明するとともに支持を訴えた。

 公園近くに構えた選挙事務所が今月二十日に開設したことから、事務所開きの報告を兼ね実施。JR千葉駅前の繁華街の一角とあって、道行く多くの市民が足を止め、約千五百人(選挙事務所発表)が演説に聴き入った。

 和太鼓が鳴り響く中、森田氏は支援者と次々に握手を交わしながら、会場に到着。壇上では派手なジェスチャーを交え、「千葉県は存在感が薄いといわれるが、ポテンシャル(潜在能力)を持っている。『人が良い、ものを言わない千葉県』はもうやめだ。これからは『やんちゃな千葉県』になって、思い切りものを言い、千葉県ここにあり、ということを示そう。私は誰よりも千葉を愛している」とアピール。

 最後には「千葉、日本一」と叫びながら、持ち歌の「さらば涙と言おう」をアカペラで歌う場面もあった。

 会場には「森田健作を支援する県議の会」のメンバーとなっている自民党系の県議十数人や、県内医療団体から幹部らも駆けつけた。


  • LINEで送る