ペリエ天井裏に迷い猫 JR西千葉駅 どこから侵入? 壁に穴開け救出

ペリエ西千葉店の天井裏から救出された猫の親子(保護女性提供)
ペリエ西千葉店の天井裏から救出された猫の親子(保護女性提供)

 JR西千葉駅にある商業施設「ペリエ西千葉店」(千葉市中央区)の天井裏に猫の親子が迷い込み、壁に穴を開けるなど4日間の救出作戦の末、22日夜に助け出された。2匹にけがはなく、保護を申し出た女性に引き渡された。

 同店を運営する千葉ステーションビルなどによると、18日の開店前に店員が猫の鳴き声に気付き同社に連絡。訪れた客からも「猫の鳴き声が聞こえる」と相談が寄せられた。同社や同店のメンテナンス会社が閉店後に捜索したところ、店舗の天井裏に猫がいることが判明。19日から捕獲を試みたが、なかなか救出できずにいた。

 22日夜、猫用の捕獲器を仕掛け親猫を保護。子猫は天井から壁の隙間に落ちてしまっていたため、壁に穴を開けて取り出した。どこから侵入したかは不明で、業務への影響はなかった。

 保護した女性によると、2匹は現在、食欲もあり元気な状態。今後、病院で健康状態を調べるという。女性は「子猫は生まれて数カ月のようだ。親子だったことには驚いたが、無事に助かって良かった」と話した。


  • LINEで送る