DV、セクハラ、ストーカー… 女性の悩み相談強化 無料、12日から千葉地方法務局

秘密厳守で相談を受ける「女性の人権ホットライン」=千葉市中央区
秘密厳守で相談を受ける「女性の人権ホットライン」=千葉市中央区

 千葉地方法務局は、12日から「女性の人権ホットライン」の強化週間を始める。受付時間を延長し土日も対応。専門知識を身に付けた人権擁護委員が夫やパートナーからの暴力(DV)やセクハラ、ストーカー被害などの悩みを無料で相談を受ける。

 ホットラインは、2000年に、国連総会で11月25日を「女性に対する暴力撤廃の国際デー」とする決議が採択されたことなどを受けてスタート。06年から、11月12~25日の「女性に対する暴力をなくす運動」期間中の1週間を強化週間としている。

 同法務局によると、全国的な相談内容は(1)DV(2)セクハラ(3)ストーカー-の順で多く、同局への相談も同じ傾向という。昨年の相談件数は全国で1万4324件あった。県人権擁護委員連合会の佐藤絹子会長は「悩みを打ち明ければ心の安定につながり、解決へのステップにもなる」と利用を呼び掛けている。

 強化週間は18日まで。平日は午前8時半~午後7時、土日曜日は午前10時~午後7時までナビダイヤル0570(070)810で受け付ける。(強化週間以外は平日午前8時半~午後5時15分)


  • LINEで送る