【新型コロナ詳報】千葉県内2人死亡、166人感染 木更津の高校、浦安の保育園でクラスター

 千葉県内で23日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と、166人の感染が新たに分かった。木更津市の「暁星国際高校」と浦安市の「日の出保育園」で新規クラスター(感染者集団)が確認された。

 県は、80代男性1人の死亡と120人の感染を発表した。亡くなった男性には基礎疾患があった。

 木更津市の暁星国際高校では生徒11人、浦安市の日の出保育園では園児11人の感染が分かり、クラスターと認定された。

 千葉市は、新型コロナに感染し市内医療機関に入院していた50代男性=同市=の死亡と、22人の感染を発表した。

 同市によると、男性は発熱したため検査を受けたところ、陽性が判明。人工心肺装置「ECMO(エクモ)」による治療などを受けていた。死因は新型コロナ感染症で、基礎疾患があったという。

 船橋市は、15人の感染を発表した。うち20代男性1人に肺炎の症状がある。

 柏市は、9人の感染を発表した。うち30代女性1人の症状がやや重い。

 23日に県内で感染が判明した人の居住地は▽市川市、松戸市が各22人▽千葉市20人▽八千代市15人▽船橋市14人▽市原市8人▽成田市7人▽流山市、野田市が各6人▽柏市、浦安市、習志野市、鎌ケ谷市が各4人▽我孫子市、佐倉市、茂原市、山武市が各3人▽四街道市、八街市、袖ケ浦市が各2人▽木更津市、印西市、白井市、富里市、東金市、銚子市、酒々井町、栄町、横芝光町が各1人▽県外2人▽海外1人だった。


  • LINEで送る