盛土中に土砂崩れ 1人けが、通行止めに 多古

 9日午後0時15分ごろ、多古町南玉造で、盛土作業中に土砂崩れが発生し、重機で作業していた60代男性が全身打撲などのけがを負いドクターヘリで病院に搬送された。崩れた土砂は現場脇の県道をふさぎ、約1キロにわたって通行止めになった。

 香取署によると、当時は男性を含む2人が盛土作業をしており、60代男性は重機ごと土砂崩れに巻き込まれた。崩れた土砂は付近に幅約60メートル、高さ最大1メートル80センチ堆積した。

 近隣住民が「車がUターンしている」などと110番通報した。


  • LINEで送る