【台風15号】15市町7400戸で断水 東金では給水車に長蛇の列

市消防団の水槽車が生活用水を配布。市民が長蛇の列を作った=9日夕、東金市役所
市消防団の水槽車が生活用水を配布。市民が長蛇の列を作った=9日夕、東金市役所

 千葉県によると、9日午後3時時点で、鴨川市や市原市、いすみ市、大多喜町など15市町の少なくとも計7405戸で断水が発生している。台風15号の通過に伴う停電で、送水ポンプが停止していることが原因という。水道管など設備面に問題はなく、停電が解消されれば回復する見込み。

 9つの水道事業体が断水に見舞われ、このうち東金市や匝瑳市など6市町を受け持つ2事業団に対しては、県企業局や他市が給水車を送って支援している。

 東金市では9日夕、市役所など市内11カ所で水の配布が行われ、容器を手にした市民が長蛇の列を作った。

 同市内などではこの日、給水元の浄水場が停電した影響で午後3時ごろから断水が発生。各行政機関は事前の水の確保を呼びかけるなど対応に追われた。

 同市役所には2台の車両が駆けつけ飲み水と生活用水を配給。小中学校などでも備蓄されていた飲み水計約9千人分が配られた。

 水道が復旧しない場合、10日にも給水を行う。時間は午前8時~午後8時。


  • LINEで送る