千葉市、緊急事態宣言延長で施設の利用制限継続 柏・船橋も

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が21日まで延長されたことを受け、千葉市は6日、市役所で新型コロナ感染症対策本部会議を開き、市施設の利用制限などを継続することを決めた。市立小中学校などの卒業式は行う予定。

 市施設は午後8時以降の不要不急の外出自粛に対応するため、原則午後6時に閉館。同6時をまたぐ時間帯の貸し出しも停止している。主に高齢者が使う施設などは休館中。

 卒業式は参列者を削減するなどして実施する意向。鈴木達也副市長は「中止は考えていない」と明言した一方「同居家族以外と会食やパーティー、旅行などは控えてほしい」と求めた。

 船橋市も市施設の一部休館・利用制限を21日まで継続。柏市も市施設について、午後8時以降の利用停止や施設内での水分を除く飲食の制限などを続ける方針を発表した。


  • LINEで送る