【新型コロナ詳報】千葉県内5人死亡、109人感染 松戸の病院で新たにクラスター

 千葉県で6日、新型コロナウイルスに感染し入院していた5人の死亡と109人の感染が分かった。一日としての感染者が100人を上回るのは4日連続。松戸市内の病院では新たにクラスター(感染者集団)が発生し、累計感染者は2万7124人に増えた。

 死亡したのは70代~90代以上の男女5人。うち4人はそれぞれクラスターが発生した病院の入院患者だった。船橋市の80代女性は高血圧や呼吸器系の基礎疾患があり、2月28日に入院し今月5日に死亡した。死因は新型コロナによる急性呼吸器疾患だった。

 新たにクラスターの発生が確認されたのは、松戸市の「東葛クリニック病院」。職員2人と70代女性入院患者1人の感染が分かり、感染者は計5人となった。いずれも病棟の同じフロアに入院しており、職員や入院患者計約100人の検査が終了している。

 クラスターが発生している3施設で新たな感染者が確認された。流山市の介護老人保健施設「ナーシングプラザ流山」では介護職員2人の感染が判明し、利用者15人を含む感染者は計28人となった。

 市原市の「リハビリテーション病院さらしな」は計22人に、山武市の「さんむ医療センター」は計41人に増えた。いずれのクラスターも一通りの検査が終了しており、健康観察を進めている。

 県は佐倉市の70代女性が重症と発表。基礎疾患があり、ICU(集中治療室)で治療を受けている。この他、30代~80代以上の男性4人に肺炎症状がみられるという。

 船橋市は、クラスターが発生していた船橋北病院について、2週間新たな感染者が確認されず終息したと発表した。

 感染者が確認された居住地別では▽市川市19人▽船橋市16人▽千葉市15人▽松戸市12人▽成田市9人▽市原市7人▽柏市5人▽習志野市4人▽佐倉市3人▽八千代市、鎌ケ谷市、印西市、四街道市、山武市、大網白里市が各2人▽我孫子市、八街市、富里市、茂原市、南房総市、匝瑳市が各1人▽県外が1人だった。


  • LINEで送る