<台風19号>勝浦市、5カ所に避難所用意 港では陸へ漁船引き上げ 【台風15号 被災地はいま】

台風19号の襲来に備え、陸に引き上げられてロープで固定された漁船=10日午後1時55分、勝浦市の勝浦漁港
台風19号の襲来に備え、陸に引き上げられてロープで固定された漁船=10日午後1時55分、勝浦市の勝浦漁港
軽トラックにガソリンの携行缶を積み込む市職員=10日午後3時10分、勝浦市
軽トラックにガソリンの携行缶を積み込む市職員=10日午後3時10分、勝浦市

 台風19号の襲来に備え、勝浦市役所は10日、避難所の設置準備に追われた。

 市総務課によると、9月の台風15号では住宅や建物計約100軒で瓦が飛ぶなどの被害があった。台風19号でも強風や大雨による被害が出ると予想。避難所を少なくとも5カ所設置する方針で、発電機の調子や毛布の在庫を確認。携行缶へガソリンの給油を行った。

 11日に市役所に災害対策本部を設置する予定で、担当者は「万全の体制で臨む。大きな被害が出ないことを祈りたい」と話した。

 勝浦漁港でも台風による高波に備え、10日朝から漁業者たちが協力して漁船を陸に引き上げ、ロープで固定した。中口勝さん(68)は「今回の台風は大型。被害が出ないか心配だ」と波が荒くなった海を見つめていた。


  • LINEで送る