スペイン風邪からの示唆 吉崎和宏 【日銀の目】

 100年前に世界中でまん延した「スペイン風邪」(今日の「A型季節性インフルエンザ」)。日本国内では1918年から21年に大規模な流行2回と小規模な流行1回を経験し、全国民5596万人に対し3回合計で患者数が2380万人、死亡者数が38・7万人、千葉県内では134万人の人口に対し患者数が34万人、死亡者 ・・・

【残り 1359文字】



  • LINEで送る