ちばの選挙

袖ケ浦市長選立候補者の横顔(上から届け出順)

◆生活者、暮らし大切に 塚本幸子氏(57)無新

 3期務めた現職の出口清市長から出馬を打診され、立候補を決断した。「出口市長はずっと支援し、尊敬する政治家。公正公平で取り組んできた市政を引き継ぐ」と意気込む。

 公約として掲げるのは、防災対策、子育て支援、教育、自然環境を守る取り組みなど、六つの柱。
【残り 1351文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る