NY株続伸、13ドル高 利上げ停止観測が強まる

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比13・44ドル高の3万5430・42ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げが停止するとの観測が強まり、買い注文がやや優勢となった。

 FRBがこの日公表した全国12地区の連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)は、物価の上昇幅が「おおむね縮小した」と指摘。利上げ局面が終了するとの見方が広がり、景気の先行きへの警戒感が和らいだ。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、23・27ポイント安の1万4258・49。


  • LINEで送る